FC2ブログ
topimage

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Time after Time - 2013.10.12 Sat

今回音楽についてのブログは
シンディーローパーの有名な曲
Time after Time(過ぎ去りし思い)
です。



この曲は私がちょうど中学生だった頃に出会った
曲です。
当時はレコードでLP版でしたが(笑)
世界の名曲といっても過言ではないでしょう。

シンディーローパーというと
アルゼンチンの空港で飛行機の遅延や欠航が相次ぎ、
足止めを食った客らが空港側に抗議して大騒ぎとなり
フライト待ちをしていた人の苛立ちを落ち着かせるために
シンディは、アナウンスのマイクを奪い彼女をスターダムに押し上げ、
世界的ヒットとなった「Girls Just Want to Have Fun」を歌い始め
突然のライブに、イライラしていた乗客も空港関係者も大喜びし
騒ぎは収束したニュースが有名ですね。

実際の映像↓






ところでこの「Time after Time」の歌詞の内容はご存知でしょうか?



ベッドに横になって
時計の音を聞き
あなたのことを思うの
繰り返しの輪に捕まってしまった
その混乱は何も新しいことはないの
以前の焼き直しだわ
温かい夜は、ほとんど終わっちゃった
記憶たちのスーツケース
時が流れて

時々あなたは私の写真を撮ったわね
私はとても先まで歩いてきてしまった
あなたが呼んでいる
あなたが言っていることは聞こえない
そして言うの: “ゆっくり行け”って
私は遅れてしまうの
秒針が巻き戻るわ

もしも迷ったら、見てみなさい
そうしたら私を見つけられるわ
何度でも何度でも
もし遅れてしまったら、あなたを追いかけるわ
待っていてあげる
何度でも何度でも

私の写真が色あせた後でも
そして暗闇が灰色に変わっても
窓から外を眺めて
あなたは、私が大丈夫かを思うのでしょう
心の深く奥底から、秘密は盗まれた
ドラムが時間切れだと音をたてるわ

もしも迷ったら、見てみなさい
そうしたら私を見つけられるわ
何度でも何度でも
もし遅れてしまったら、あなたを追いかけるわ
待っていてあげる
何度でも何度でも

あなたは言うの: “ゆっくり行け”って
私は遅れてしまうの
秒針が巻き戻るわ

もしも迷ったら、見てみなさい
そうしたら私を見つけられるわ
何度でも何度でも
もし遅れてしまったら、あなたを追いかけるわ
待っていてあげる
何度でも何度でも


簡単に言うと男女間の人生の歩幅が女性は早かった、
男性は彼女についていけなかった・・・・という
内容です。

男女間でのこの「歩幅」。
私は大事だな~とつくづく思います。

同じ道を同じ歩幅で歩ける事は現実なく、
相手を思いながら時に小さく、時に駆け足で、
時に立ち止まり、しっかりと手を握る事が
男女間では大切なのでしょう。

この曲を聞いて、自分達の歩幅、確認してみても
いいかもしれません。



スポンサーサイト

ママ - 2013.10.10 Thu

文月メイさんの「ママ」

この曲は最近まで私知りませんでしたがtwitterで教えていただき
今回この曲についてブログを書くことにしました。

最近頻繁に虐待等で小さな命が奪われています。
自分の子供ではないですが心が張り裂けそうになります。
ニュースを見ていると自然と涙が出てしまいます。
まぁ、涙腺が弱くなったのは年老いた証拠です・・・・。

でも一概に虐待する親を批判するのもなんだか違う。
ニュースを聞いていると
中には虐待する親も被害者なんだと思う人もいます。
中にはただの殺人者もいますが・・・。

特に赤ちゃんって言葉がわからないので
泣き叫びます。
でもわからないとき時、心に余裕がなくなっていると
思わず怒ったり叩いたり・・・・。

特に若いお父さんお母さんは
感情がコントロールできないのではないでしょうか?

私の場合はもう年齢も年齢ですので
正直教育のために怒る演技はしますが
子供に対しての「怒り」は正直ないです。

でも昔若いときは私、子供が大嫌いで、泣き声もうっとおしく
感じていました。

最近では泣き声をきくと
「あ~なんか必死で訴えとるな~」なんて
ほほえましく思います。

ひどい虐待をしている親が実は自分も昔されていたり・・・とか
聞いているとじゃ、誰が悪いのか?なんて考えたりします。

私が今現在子供をちゃんと見れているのは
年齢にもよりますが
環境によるところも大きな要素だと思います。

世間一般では

お父さん仕事残業→子供と接する時間がない、家族の時間がない→お母さんの負担が大きい
→お母さんの心の余裕がなくなる→子供が泣く、言う事を聞かない→殴る

ではないでしょうか?

私の場合、ちゃんと休みがとれているし、
残業、もない。

家族とちゃんと毎日夕食が食べれている。
この時間的な余裕って大事なんですよね。

最近思うのが子供達が幸せになる環境ができていないんだと
思います。だからこうした不幸な事故も起きるし
出生率も悪くなる。
このあたりを言い出すと政治家批判に突入するので
やめますが・・・・。

この歌詞が残酷だ等の批判的な意見もあります。

でもこれを聞いて虐待しよう!!なんて思う人は
居ないのだから私はこの歌を聴いてもし一人でも多くの親御さんが
叩いていた手を降ろし抱きかかえてやる事が
できるきっかけになるのであればいいのではないかと思う。

以前にもブログ「ある日のファミレスにて」で書きましたが
子供達は何も悪くない。

子供達は叩く親さえも頼りにしている。
どうか子供達が幸せに暮らせる世の中に
なってほしいものです。

子供達はみな天使です。
その翼を大人達は奪ってはいけない・・・・

一度聞いてみてください。







戦え!野良犬 - 2013.09.19 Thu

この前書いたブログ「昨夜の出来事」で思い出した歌がある。
アナム&マキの「戦え!野良犬」である。



河島亜奈睦(かわしま あむ)と本夛真季(ほんだまき)のユニットで、
1995年、高校のフォークソング部で結成。
ストリートやライブハウスでの活動を経て、
1999年に音楽事務所タイスケと契約。
翌2000年にワーナー・ミュージック・ジャパンから
シングル「戦え!野良犬」でデビューする。
2002年8月にタイスケから独立し、事務所「HOLE&ROLL」を設立。
2008年12月31日をもって活動休止。

河島さんの父親は河島英五さんです。

最初私がこの曲を聴いたのは
会社員でドーナツのチェーン店で
深夜にお仕事していた時でした。

懐かしい・・・・・。
本当に名曲だと思うんですがね~。

実はこの歌で漫画のネタを少し描いたりもしました。
またイラストを描き始めれば描きたいと
思います。

私も野良犬。
安全なところから吠える家で大切に大切に
育てられた犬ではない。

本当にお金が無くて喉を鳴らして空気をお腹に入れて
空腹を満たしたときもあった。

この曲を聴くとまたギラギラとしたものが
沸いてきます!!

今日も戦おう!!!

二つのゆりかご - 2013.04.26 Fri

最近「ゆりかごのうた」を
歌いながら子供の寝かしつけをしております。

この「ゆりかごのうた」は現在2つ存在しているのを
みなさんご存知でしょうか?

1つは北原白秋作詞、草川信作曲の日本の童謡としての
「ゆりかごのうた」。



もう1つが映画ゲド戦記の「テルーのうた」を作曲した
谷山浩子が歌う「ゆりかごのうた」。



谷山浩子さんのジャンルはプログレと言われるジャンルであり、
海外だとジェネシスあたりが有名でしょうか?
日本だと筋肉少女帯・・・・といいたいところですが
私はあえて「ノヴェラ」と言いましょう(笑)


谷山浩子が歌う歌詞の中に
繰り返されて使われる

「人は人を殺せる」

この歌詞、最初聞いたときは
ドキッとさせられました。
歌詞の中に「殺す」とはなかなか
歌われない・・・・。

2005年4月25日、JR福知山線脱線事故でたくさんの犠牲者が出ました。
運転手は人を殺したくて運転していたわけではない。
また医療ミスによる事故も同じく。
少しくらい大丈夫・・・・でお酒飲んで車を運転し
事故により人命を奪う。
京都祇園の事故を同じ。

人を殺したくてした行為ではない

日本における死亡者数年間約100万人、
そのうち殺人件数1200件。

この数字からわかるように
実は殺人により命を奪われるより
明らかに事故により奪われる命の方が多い。

明日大切な仕事があるけど
夜遊びして眠たいまま仕事をし
ミスをして人命を奪うことだって
誰にでも起こりえる。

子供達に「人を殺してはいけないよ」
なんて誰でもわかる教育より実は
誰にでも人の命を奪える力があり、
その危険性を理解し、
「人の命を奪わないようにする」という事を
教える方が良いのではないかとさえ思う。

いじめもそうで
他人に対し吐き捨てられた言葉の力で
自殺に追い込んでしまう力。
ネットでの書き込み。
おそらく「まさか死ぬとは・・・」なんて思わなかっただろう・・・。

「人は人を殺せる  そう作られた・・・」

こうした歌にたいしてネットでは批判的な
事を書かれている人もいましたが、私はこうした
メッセージ色が強い歌は人それぞれの感じ方だと
思ってます。
私には少なくとも
人の命の尊さを感じた曲に聞こえました。

みなさんはどう感じたでしょうか?






 


Cheese PIZZA  JUDY AND MARY - 2013.01.05 Sat

年始初のブログカテゴリー「音楽」は
JUDY AND MARYのCheese PIZZAです。
youtubeでPVがなかったのでライブバージョンですが・・・・。

歌詞をみると若い時代を思い出します(笑)

この曲を最初聞いた時、なんて聞き心地の良い歌なんだろうと
思いました。

街中で若いカップルが屋台のから揚げを
仲良くわけわけして微笑みながら食べているのを
お正月に見ました。
その時に思い出した曲なので今日、ブログに
しました。
もう有名すぎるので説明もいらないですが・・・・・。

私のお店にも若いカップルの方が
来店してくださいます。

将来結婚して昔の記憶に
私のお店があればうれしく思います。

ぬけるような青空で
ドーナツを食べていただきたいもんです(笑)

ちょっと宣伝入りましたが
知らない人がいればと思いまして
聞いてみてください!!

もう少し暖かくなれば
サンドイッチ作って
家族でピクニックでもしたいな~なんて
思いました!!


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

sweetdoughnut

Author:sweetdoughnut
神戸の焼きドーナツ店の
ブログです!!
2Fは全7席の小さな
カフェです!!

〒653-0003
兵庫県神戸市長田区
5番町7丁目8-15

【営業時間】
10:00~売切れ次第終了
【定休日】不定休

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SweetDoughnutFactory (18)
経営の道しるべ (59)
お店紹介 (2)
音楽 (18)
私事 (41)
映画・ドラマ (7)
作品 (0)

カレンダー(月別)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。